読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cat of AZ

Non Stop Thinking

共感

Thinking

インフルエンザが流行ってるようで、いろいろ大変そうである。「大変そう」とは、我ながら冷たい感想だなーと思ったんだけれど。というのも、僕はこれまでインフルエンザを患ったことがない。タミフルもリレンザも処方されたことがないし、それどころか検査すらしたことがない。ありがたいことに、健康的な生活を送れている。これがインフルエンザに苦しめられた経験の一つでもあれば、「あのときは辛かったなぁ」という思い出と共に、苦しみに共感することもできるんだけれど、経験していないことは想像で補うことしかできない。

想像しかできないんだけれども、状況によっては再現度の高い想像ができることがあって、そのときは自分の経験してないことでも深く共感できたりする。物語の登場人物にだって感情移入するんだから、きっと他人の気持ちだって理解はできるはずだと思うんだけれど。だとしたらインフルエンザへの共感には何が足りないんだろう。うーん、まだまだ人生経験が足りないってことなんだろうか。