読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cat of AZ

Non Stop Thinking

価値を失うこと

Thinking

その昔、インターネットがなかった頃、音楽をやっている人たちは、自分の音楽を聞いてもらう方法がなかった。だから、その役割はレコード会社が担っていた。アーティストには選択肢がなくて、当時のレコード会社には音楽を流通させる確固たる価値があった。

最近は音楽業界が不調って言うけれども、人々が音楽を聞くことをやめたわけじゃないし、文化としての音楽が衰退しているわけではないように感じる。ただ、インターネットによって流通が多様化し、レコード会社の価値がなくなったんじゃないか。今の時代、アーティストがセルフ・プロデュースできるようになってきたし、ますます価値が薄れてくるんじゃなかろうか。レコード会社、引いては音楽業界は、新しい価値を生み出せなければ滅びていくのもやむ無しというか、自由市場の自然の摂理で適切な形に収まっているだけなんじゃないのかなぁ。