読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cat of AZ

Non Stop Thinking

日本人として誇りに思う

金メダルとかノーベル賞とか、日本が沸いた時に「日本人として誇りに思います」って感想を見るけど、あれは何を誇っているのか、あまり理解できないでいる。自分の場合、「すごい」とか「自分も頑張ろう」って感想を抱くことが多いけど、「誇らしい」はない。「その功績は成し遂げた本人が誇ることだ」という思いがどこかにあるし、「地域という属性はパーソナリティとして薄い」という思いも少なからずある。いわゆる、「日本人がすごい」or「個人がすごい」の問題として捉えたとき、僕は「個人がすごい」という思いが強く、日本人であることはその人の持つ個性である、という見方をしているらしい。

地域でクラスタリングしたときの距離感って難しい。例えば毎年ノーベル賞受賞者がいるわけだけど、他国の受賞者と日本人の受賞者だと、日本人の受賞者の方が身近に感じるし、すごいと思う気持ちも強い。それが同じ都道府県だったらさらに身近になる。同じ学校の出身だったらもっともっと身近になる。でも、なかなか「誇る」までは至らない。うーん、難しい。