読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cat of AZ

Non Stop Thinking

ノンアルコール選挙

衆議院選挙、今回はかなり投票率が悪かったらしいが、20代はやっぱり低いのかな。だとすれば、どうすればいいのかなーと考えていた。

「成人すると投票しなければならない」みたいな風潮がそもそもおかしいんじゃないかと思っていて、「政治は国民全員に関わることなので権利はみなさんにありますが、二十歳まではダメだよ!」みたいな考え方にシフトしていくのがいいんじゃないかなーと漠然と思っている。「酒は二十歳になってから」とか言っておくとアルコールが憧れの存在になるわけで、「酒と選挙は大人の嗜み」みたいな価値観の植え付けを地道にやっていくしかないかと。そう考えると、十代のための擬似投票サービスはノンアルコール的ポジションですごく良いなぁと思っている。

http://teensopinion.jp/

http://socialelection.net/

かくいう自分も、三年前は十代で、選挙権がなくて、民主党が勝っちゃって、とても悔しい思いをしたこともあって、今回は選挙権を行使できて非常に満足している。ノンアルコールで酔えないように、擬似投票で政治が変わるわけではないにせよ、十代の間に「どうして俺たちに選挙権が無いんだ…!!!」と思う機会があれば、未来の投票率が上がることは期待できるんじゃないかな。