読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cat of AZ

Non Stop Thinking

必要とされるもの

Event Service

GitHub創設者が語る"立ち上げから利用者250万人までの軌跡" | PeaTiX

GitHub創設者が京都に来る機会なんて滅多にないだろう!ってことで参加してきた。実際、イベント中に「京都に来てまだ2時間だよ〜」って言ってたので京都初上陸っぽい。内容としては、GitHubの成長の軌跡みたいな話で、ふむふむと聞いてた。内容は英語だったけど、翻訳があったおかげで内容を取りこぼすことはなかった。

印象的だったのは、Ruby の meet up イベントで得たものがたくさんあったという話。Founderの出会いも、サービスのアイデアも、meet up がなかったら生まれていない、ぐらいのニュアンスだった。でも、meet up イベントは「出会うぞー!」とか「サービスを考えるぞー!」って趣旨のものじゃなくて、ただRubyでこんなことしたよ〜みたいな感じっぽかった。GitHubが会社として大きくなってからもmeet upっぽい文化を大切にしているみたいで、社員もみんな楽しそうだった。

全体的な話を通して、大事だなーと思ったのは以下の2つ。

  • ユーザーが必要としているものを作ること
  • 作り手も一人のユーザーであること

月並みなことかもしれないけど、再確認。